非代替トークン(NFT)とブロックチェーンの関係性とは?ブロックチェーンテクノロジーに基づいた独自のデジタル資産

非代替トークン(NFT)は、暗号通貨業界では、最も最新で主流なブームとなってます。

NFTの作品が6,930万ドルで落札された時、NFTは、世界中の注目を集めました。

NFTを初心者が理解するのは簡単ではないかもしれませんが、多くのアーティスト、ミュージシャン、インフルエンサーなどにとってNFTは、大きな見返りがあります。

そこで、今回は、NFTとはいったいなんなのか?ブロックチェーンとどう関連しているのか、詳しく説明したいと思います!

1.NFTとは?

非代替トークン(NFT)は、アート、ビデオクリップ、音楽などの実世界のアイテムの所有権を表すデジタル資産のことです。

簡単に言うと、NFTは、デジタルアート作品やその他の収集品を、ブロックチェーンを利用して、現実世界の資産を証明することができるデジタル資産に変換することを言います。

NFTは、暗号通貨と同じようにブロックチェーンテクノロジーを使用しますが、通貨ではなく、デジタル商品の所有権を暗号で割り当てて証明できるトークンです。

2021年第3四半期に、NFTの売上高(※)は107億ドルに達しており、今年ブラックチェーン業界では注目されるものとなりました。

ただし、NFTはこれまでに何百万ドルも売れていますが、初心者にとっては難易度も高く、非常に投機的な資産でもあります。

※参考:DappraderのNFT分析レポート

1-1.NFTの歴史と代表作

NFTの歴史は2012年までさかのぼります。

ColoredCoinsが最初に存在したNFTであると主張する人もいるかもしれません。

このColeredCoinsはビットコインの小額で作られ、ビットコインの最小単位である単一のサトシと同じくらい小さくすることができます。

そして、その後NFTは、デジタルアートの世界で儲かるビジネスということを人々が知り、以下のような成功を収めた事例が誕生しました。

デジタルアーティストのビープルは、クリスティーズのオークションを通じて「毎日—最初の5000日」というNFT作品を6,930万ドルで販売しました。

CryptoPunk NFTは、サザビーズの最初のキュレートされたNFTセールで180万ドルで販売されました。

TwitterのCEOであるジャックドーシーの最初のツイートは290万ドルで販売されたこともまた驚きでした。

1-2.NFTとブロックチェーンの違い

皆さんは、ブロックチェーンはご存知でしょうか?

ブロックチェーンは、システムの変更や、ハッキング、または不正行為を困難または不可能にする技術です。

トランザクションのデジタル元張とも呼ばれ、ネットワーク全体に複製および分散されます。

一方で、ブロックチェーンがこのような技術であるのに比べ、

NFTは、所有権の証明のためにブロックチェーン上に作成されたデジタル資産のことを言います。

ほとんどのNFTは、イーサリアム暗号通貨のブロックチェーン上に存在しており、

NFTの一意のIDと所有権は、このブロックチェーン技術を介して検証できます。

1-3.NFTと暗号通貨の違い

NFTと暗号通貨の主な違いは代替可能性です。 

暗号通貨とは異なり、NFTは相互に取引または交換できません。

暗号通貨は、相互に交換できる代替可能なトークンですが、NFTは非代替性のトークンなので独自の価値を持ちます。

たとえば、10$のノートを別のS10$ノートと交換するのと同じように、1ビットコインを1ビットコインに交換することができます。

NFTの場合は、各トークンには固有のプロパティがあり、他の同様のトークンと同じ金額の価値ではありません。

また、NFTを購入する場合は、携帯電話には、固有のIMEI番号があるように一つ一つにデジタル形式の署名が存在します。これが、NFTが通貨ではなく「資産」と見なされる理由です。

ただし、共通点として暗号通貨とNFTは分散化されています。

すべてのトランザクションはブロックチェーンネットワークに配置されるため、すべてのユーザーが別のユーザーのトランザクションを確認することもできます。

1-4.なぜNFTに価値がつくのか?

NFTは、所有権を芸術作品、不動産、音楽、ビデオなどの固有の物理的またはデジタルアイテムにリンクするデジタルアセットと捉えることもできます。

つまり、NFTは、現代の収集品のように見なすことができ、オンラインで売買され、収益を得ることが可能です。

また、NFTは、暗号通貨の背後にある同じテクノロジーであるブロックチェーンに安全に記録されます。

NFTを購入すると、他の人があなたが所有する画像、ビデオ、またはデジタルアイテムのコピーを作成できる場合があります。

しかし、ユニークな芸術作品や限定シリーズのプリントを購入するのと同様に、オリジナルの方が価値が高い可能性があります。

3.NFTはどのように機能するのか?

次に、NFTの仕組みについて説明します。

ブロックチェーン上に作成されるため、以下のような機能を持ちます。

  • ブロックチェーン上に保存される
  • 所有権を確認し、追跡できる

多くのNFTはイーサリアムネットワークに保存されますが、他のブロックチェーン(FlowやTezosなど)もNFTをサポートしています。

この特性から、誰でもブロックチェーンを確認できるため、NFTの所有権を簡単に確認および追跡できます。

アートワーク、ゲーム内のアイテム、生放送の静止画やビデオなど、さまざまな種類のデジタル商品を「トークン化」できます。

所有権を伝えるNFTがブロックチェーンに追加されますが、デジタルアイテムのファイルサイズは、ブロックチェーンから分離されたままであるため、重要ではありません。

NFTによっては、著作権またはライセンス権が購入に含まれない場合があります。

例えば、

限定版のプリントを購入しても、必ずしも画像に対する独占的な権利が付与されるわけではないのと同様です。 

3-1.NFTのユースケース

NFTはアートの世界だけでなく、さまざまな業界で多くの潜在的なアプリケーションを持つ可能性があります。 

以下に具体的なユースケースを示します。

たとえば、学校は学位を取得した学生にNFTを発行し、雇用主が申請者の教育を簡単に確認できるようにすることができます。

または、会場はNFTを使用してイベントチケットを販売および追跡し、再販詐欺を削減することができます。

このように、既に現実世界の様々なケースでNFTが誕生しているのです。

4.NFTの購入方法

NFTはどうやって購入するのでしょうか?

NFTは、オンライン取引所またはマーケットプレイスからNFTを購入、販売、取引、および作成できます。

作成者または現在の所有者は、特定の価格を選択できます。

または、オークションが行われている可能性があり、NFTに入札する必要がありますが、

簡単な手順で購入できます。

4-1.人気のNFTマーケットプレイス

人気のマーケットプレイスをいくつかあげてみました。

それぞれ異なる特徴があるため、個人にあったマーケットプレイスを選択してみてください。

  • FOUNDATION:コミュニティがキュレーションしたマーケットプレイスで、既にプラットフォームに参加している他のクリエイターからクリエイターを招待する必要がある
  • Nifty Gateway:有名ブランド、アスリート、クリエイターと協力するアートに焦点を当てたマーケットプレイス。 
  • OpenSea:さまざまな収集品のNFTを見つけることができる世界初の最大のマーケットプレイスの1つ。 
  • Rarible:アートに重点を置いたさまざまなNFTを提供しており、独自のRARIトークンを使用してメンバーに報酬を与えている
  • SuperRare:デジタルアートのキュレーションと提供に焦点を当てたマーケットプレイス

最も一般的なNFTマーケットプレイスには、OpenSea、Mintable、Nifty Gateway、Raribleなどがあります。

4-2.NFTを購入する際の注意点は?

まず、購入するための手数料を知っておく必要があります。

購入したり、販売するマーケットプレイスによって手数料は異なります。

一部の市場では、ブロックチェーンでの取引を完了するために必要なガス料金というものが存在します。

5.NFTを販売する方法は?

NFTは市場でも販売されており、プロセスはプラットフォームごとに異なります。

基本的に、コンテンツをマーケットプレイスにアップロードしてから、指示に従ってNFTに変換

ほとんどのNFTはイーサリアムを使用して販売されますが、WAXやFlowなどの他のERC-20トークンも使用することができます。

主に以下のような販売オプションがあります。

  • 固定価格で販売する:固定価格を設定できます。
  • 時限オークションを設定する:時限オークションでは、NFTに関心のある人に、最終的な入札を送信する期限が与えられます
  • 無制限のオークションを開始する:無制限のオークションは時間制限を設定しません。代わりに、いつでもオークションを終了することができます。

5-1.NFTを販売する際の注意点は?

販売する際には、手数料や販売期間の設定に注意が必要です。

特にオークション形式で販売する場合は、最低価格の設定に加えて、再販された場合のロイヤリティを決定する必要があります。

このロイヤリティは、二次販売時に、NFTを現金化するために設定されます。

また、オークションを開催する期間を決定する必要があります。

最低価格を設定するときは料金に注意し、価格を低く設定しすぎると、販売時に手数料負けする可能性があります。

6.NFTの作り方は?

基本的には、誰でもNFTを作成できます。

NFTを作成する際に、必要なのは、デジタルウォレット、手数料のためのイーサリアム、コンテンツをアップロードしてNFTまたは暗号アートに変換できるNFTマーケットプレイスのみです。

  • デジタルウォレット(分散型)
  • ETHなどの暗号通貨
  • NFTマーケットプレイス

6-1.NFTを作成する具体的な手順

具体的に世界最大級のマーケットプレイスであるOpenseaで作成する方法を説明します。

以下の手順で簡単に作成できます。

こちらから、Openseaの公式サイトにアクセスします。

右上のプロフィールをクリックします。

続いて、作成するボタンをクリックします。

以下の項目を入力します。

  • NFT作品の名前
  • 外部リンク(説明するようなサイトリンク)
  • NFT作品の詳細な説明

このような手順でNFTを簡単に作成することができます。

6-2.作成する際の注意点(300)

作成する際のいくつかの注意点です。

虚偽の作品や詐欺の可能性がある

高額で見出しを作るNFTの流行は、詐欺師や詐欺師も引き付けているため、投資家は注意する必要があります。

また、詐欺師は自分が所有していないにも関わらず、作成しなかった作品のNFTを販売する権利があると主張する場合があります。

手数料がかかる場合がある

残念ながら、NFTを作成して販売するための料金は、費用がかかる場合があります。

プラットフォームと価格設定に応じて、上場手数料、NFT作成手数料、販売手数料、および購入者の財布からあなたの財布に送金するための取引手数料を支払う必要があります。

暗号通貨の価格設定の変動により、料金も変動する可能性があります。

そのため、NFTを作成して販売するために支払う必要のあるコストを詳しく調べて、価値があることを確認することが重要です。

7.まとめ:NFTに将来性はあるのか?

将来的にはNFTの実用的なアプリケーションがたくさんあるかもしれませんが、それらは主にデジタルアートの分野で盛んです。

ただし、NFTを投資として購入することを検討している場合は、NFTの価値が上がる保証はないことを理解しておきましょう。

一部のNFTは数千ドルまたは数百万ドルで販売されますが、他のNFTは価値がなくなる可能性があります。

したがって、今回の記事をよく読み、手順だけでなくそのリスクや注意点も理解したうえでNFTの世界を楽しむようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。